プロミス審査の体験談!申し込みは簡単なの?

住宅ローンは保証人や担保が必要となりますがカードローンや少額ローンは無担保ローンです。

住宅ローンは長期に渡る返済ですから返済期間中に返済不能と言った事態を招かないよう入念に審査する必要があります。

カードローンやクレカなどのローンというものは住宅ローンほど大きな金額ではありませんし、返済期間も長期ではありません。

ですから、個人の信用だけで借り入れることができますし保証人や担保も用意しなくても良いのです。

何より、保証人や担保があると審査に時間を取られるためカードローンの良さとされるスピード感の魅力がなくなってしまいます。

カードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲の中で何度でも借り入れや返済を行うことができるキャッシングローンです。

毎月決まった日時の借入残高に対して利息が計算されて毎月の返済日に必ず引き落としされる約定返済という返済方法が基本となります。

引き落される金額は借入した残高によってランク分けされていてその金額内で利子を差し引いた後の金額が元本の返済に充てられるということです。

そのため、利息の計算日までになるべく元本を減らすのが利息を安くする有効な方法となります。

返済方法には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり繰り上げ返済はまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができますので積極的に利用しましょう。

お金を融資してくれる金融機関は数多ありますが大きく分けると銀行とノンバンクの2種類に分けることができます。

ノンバンクと呼ばれるものは銀行以外の融資機関の総称でクレカ会社、信販会社、消費者金融などがこれにあたります。

クレカ会社などは、商品代金の立て替えが主な業務となり利用限度枠内であれば借りれるキャッシングサービスも受けることができます。

一方、消費者金融のプロミスとは貸金業専門のプロミスなど消費者金融となり利用限度枠内であれば何度でも借り入れと返済が可能となります。

銀行と消費者金融の違いは業務内容です。

銀行は金融以外にも為替や保険など多岐にわたり様々な商品を取り扱っています。

消費者金融のプロミスのメリットは銀行に比べてお金が借りやすくほんの数年前までは、簡単な手続きで融資を受けることが可能でした。

当時は、現在のようにきちんとした法整備が確立されていなかったため、規定よりも高金利で借り入れていた人がたくさんいました。

これが、世間一般的に過払い金というもので多く払い過ぎた金利のことを意味します。

過払い金は取り戻すことができるのですが、過払い金を戻してもらうには期限が設けられているので注意が必要です。

完済した日から10年経過してしまうと請求権を失ってしまいますので心当たりがある人は過払い金請求に詳しい法律相談事務所に相談することが大切です。

消費者金融のプロミスのキャッシング審査は相対的に通りやすいとされているので審査に落ちる人には、必ず何か理由があると思います。

過去に自己破産を経験した人や延滞した事がある人は要注意人物としてマークされ、承認が下りない可能性があります。

また、総量規制という年収の1/3を超える借り入れはNGという規則に抵触している可能性もあります。

要は、年収300万円の人は100万円が限度額となり、その人がすでに50万円の借金がある場合は新規プロミスのカードローンでは50万円が限度額ということです。

又、複数の金融業者から借り入れがある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも敬遠されます。

お金を借りる方法としてプロミスのカードローンがありますが銀行の提供によるものと、消費者金融の提供よるものとで2種類があります。

銀行プロミスのカードローンは金利が低く、貸出限度額が大きいのですが審査が厳しいので、属性が高い人におすすめのカードローンです。

消費者金融のプロミスのプロミスのキャッシングの場合、利息が高めとなっているほか、最大貸出限度額も低く、借りる人の収入や借入れ状況によっても限度額に差がでます。

そのため、消費者金融のプロミスのキャッシングの方が銀行カードローンよりもデメリットが多いように思えますが、銀行と比較すると、消費者金融のプロミスのキャッシングの方が審査に通りやすいため属性に自信が無い方でも審査に通る可能性があります。

消費者金融のキャッシングは審査の結果も非常にスピーディーで、プロミスで即日融資もあるので今すぐお金が必要!というときに利用されることをおすすめします。

複数の消費者金融から借金をしている人のことを多重債務者と言って金融業界からはブラックリストに入れられている可能性があります。

飲み会やセミナーでお金を使いすぎてしまったなど予定外の出費が重なって、次の給料日まで水だけで過ごさなくていけない...ということがあると思います。

そんな時頼れるのがカードローンです!カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人も不要で手軽に借り入れることができます。

一度プロミスのカードローンを利用すると簡単に現金を手にすることができるので自分の口座から預金を引き出す感覚で、どんどん借金を重ねてしまう人も多いようです。

そのような借り入れ方だと、あっというまに限度額に達してしまうため他の金融業者と掛け持ちすることになってしまいますのでくれぐれも注意して下さい。

消費者金融のプロミスのキャッシングと銀行のカードローンには違いがあるってご存知でしたか?消費者金融のプロミスのキャッシング、銀行カードローンそれぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のメリットはずばり審査時間が早いといったことなどがありますが銀行カードローンと比較して金利が高めに設定されていたり、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法というそれぞれ別の法律の規制がかけられているのですが貸金業法には総量規制と呼ばれる特別な規制がかかっています。

これは、借金の増えすぎを止めるために設定された規制で年収の三分の一を超える借り入れができないとされるものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのような担保を必要とするローンは除外されキャッシングなどの無担保ローンに適用される規制です。

消費者金融というものは借りる時はとても簡単だけれど返済が遅れると怖い人がやってくるというイメージを持つ人は多いと思います。

確かに以前は、法律を無視した強引な取り立てが多かったのも事実ですが近頃は消費者金融も法律を守るようなっていますので、そのような怖い目に合うことはありません。

金利は銀行プロミスのカードローンと比較すると高い場合が多いのですが提携ATMの数は銀行よりも多いです。

借入れや返済に関してもコンビニなどで簡単に行えますしATM手数料がタダという消費者金融のプロミスも多いので、銀行カードローンよりも利便性が高いと言えますね。

また、レディースローンを提供している消費者金融のプロミスもあるので女性でも借りやすいと人気です。

金融業者各社の借入れの条件や金利などといったデータはランキングサイトを見れば一覧できます。

消費者金融のプロミス業者ごとにまとめて紹介しているランキングサイトもあれば一覧表にすることで比較しやすく表示してくれているサイトもあります。

各プロミスなど消費者金融についてそれぞれお勧めポイントを紹介してくれているサイトもあるので消費者金融に詳しくなくても、簡単に比較することができますので非常に便利です。

しかも公式サイトへのリンクを貼って誘導してくれるサイトが普通なので比較したらすぐに申し込みの手続きをすることができるのです。

又、消費者金融の一覧サイトの中には、審査に申し込む時の記入方法や審査をクリアするためのコツを教えてくれるサイトもありますので、積極的に利用することをお勧めします。

プロミスなど消費者金融で高い人気を獲得する要素としては金利が安くて、スピード審査、手続きが簡単などといった理由があります。

とはいえ消費者金融のプロミスの場合、総量規制が関与してくるのでサービス内容で差をつけるのは難しく限度額に関しても借り手の経済力が左右するため、人気の要因ではないと思われます。

人気ランキング上位を見る限りいずれのプロミスなど消費者金融も審査は最短30分、最大金利18.0%程度なのであまり差はありません。

条件云々よりも、スムーズに手続きが完了するかどうかや自動契約機や、提携ATMが多いことのほうが人気の秘訣のようです。

又、CMに起用される芸能人の好感度やCM全体を通して伝わってくるイメージも大きく影響しています。

最近の消費者金融のプロミス業界は法律改正効果やCM効果によって怖い、ブラック企業というイメージから払拭されつつあります。

最近では就職先としての人気高いようなので消費者金融業界の知られざる業務内容や労働条件を詳しく解説していきましょう。

まずは業務内容を紹介します。

主な業務内容は債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済が遅延している人に対し電話やメールで督促のお知らせを通知します。

就職するにあたり、必須の資格ではありませんが店長(責任者)に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得しなければなりません。

気になる年収について紹介します。

年収は大卒の初任給で20から30万円程度でノルマ達成などといった成果を上げることでボーナスが期待できます。

カードローンの新規申込の申し込み方にはいくつかあり一般的には、郵送、電話、インターネットがあります。

郵送を希望する場合は、店舗などから申込書を入手して必要事項を記入後に返送して審査結果を待つという流れになります。

問題無く審査に合格しましたら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封して送ると契約手続きが行われて、ローンカードが郵送されてきます。

ちなみに、ネット経由の申し込みでは消費者金融のプロミスのサイトにある申込フォームに入力して送信するだけです。

審査が通過した旨のメールが届いたらメールに記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等で撮影してアップすればOKというweb完結が今の主流です。

消費者金融と言うと堅気じゃないと思われがちで怖いというイメージを持つ人がいまだに多いですよね。

バブル崩壊期は暴力的な取り立てや深夜早朝問わず自宅へ押しかけるといった乱暴な取り立てが横行していました。

近頃は法律が改正されたことによって銀行傘下に入る企業が増えましたのでブラック企業のイメージは改善されつつあります。

最近では、テレビCMに人気タレントを起用するなど借金を意識させない内容でイメージアップが成功してきています。

しかし、内容がイメージ戦略に偏りすぎてしまっているため意味不明とか何のCMだか分からないという不満の声もあがっています。

借入しやすいのが特徴ともいえる消費者金融のプロミスですが審査能力は非常に高いです。

堅実で審査のハードルが高いというイメージが強い銀行プロミスのカードローンですが、実は審査しているのは消費者金融業者なのです。

貸金業法が改正され大口融資ができなくなった消費者金融のプロミス業者の多くは銀行の金融業務に関する保証会社となることで銀行グループの関連企業に参入しました。

あくまで一般的なイメージですが銀行の方が賢いと思うかもしれませんが審査能力やシステムに関しては、比べ物にならないくらい消費者金融の方が数段上手(うわて)と言えます。

銀行は預金などの業務の一環として金融も行っているだけなので融資を本業としている消費者金融の方が、与信審査の専門性が圧倒的に高いのです。

参考:プロミス借りてみてどうだった?【私のプロミス借入体験記】