ほけんの窓口の評判って?利用者の口コミや満足度は高いの?

評判を気にする業界と聞いて、どんな業界を思いつきますか?一般的に思い浮かべるのは、政治家や芸能関係だと思います。

実は保険無料相談をしているFPもとても気にしているんです。

というのも、相談サ―ビス事業者に登録してるFPは相談者が提案された保険を契約したときに保険会社から報酬が発生するからです。

強引な勧誘をしているとSNSなどで悪評が拡散されてしまうからです。

そのため、サービス側も評判の悪いFPの登録を解除したり、悪評、クレームの多いFPの登録解除を行ったりして対策をしています。

人生の中で保険は家の次に高い買い物と言われているので、信頼できるFPから納得いくまで説明を受けてから決めましょう。

よく広告などで見る保険無料相談ですがどうやって収入を得ているのでしょうか?その答えは、相談者が紹介された保険に加入した際の手数料です。

この仕組みは相談者にとっては、メリットが多いです。

その理由としては相談者が契約して初めて収入があるということは、契約がなければFPには収入が入らないため、FPの方達は紹介する内容の熟知や紹介時の説明の質を高めています。

そのため、提案する保険が相談者の希望に合っていることが高く、紹介者の説明スキルがわかりやすくなるなど良い面ばかりです。

なので、現在契約している保険の確認だけでもOKなど強引な勧誘はありません。

皆さんも自分だけで悩まずに気楽に相談してはどうでしょう。

良い保険無料相談会社の選び方のひとつに、クチコミのチェックがあります。

一社一社どんなFPさんがいて、提案内容はどんな風だったのか、詳しく調べてみましょう。

提案するプラン内容に偏りがないFPさんが良いと言われています。

顧客側の希望もしっかり聞いて考えてくれるので、守りたい生活に負担のない提案であることは当然ですが、場合によっては驚きの提案だけど納得!なんてこともあるそうです。

どこを選ぶかはFPさんによるところが大きいと思いますので、一度いろいろなところで面談をお願いしてみて、相性や実力について検討してみると決めやすいでしょう。

無料で保険相談を請け負っている会社のことを、比較検討するため情報をピックアップしているサイトがあります。

良く比べられているポイントは、実際に面談を受けられるまでの手続きの手軽さ、取り扱っている商品数の多さ、なんといっても重要なのはFPさんについての評判です。

人生で2番目に高い買い物と言われているものですので、複数の会社で面談をしてみることで結果を比較検討し、長く付き合っていけるような人と今後の人生について話し合えると良いですね。

ちょっとインターネット検索をするだけでも、たくさんの保険無料相談請負会社が見つかります。

その中で少しでも顧客を獲得しようと、キャンペーンをしているところもあります。

どんなものがあるのか調べてみました。

現金がもらえるものもあるそうですが、主に商品券のようです。

金額的にはばらばらでしたが、最低でも2000円、多ければ7000円ほどのようです。

提案内容を比較するためにも数社と面談することはあり得ますが、このような会社を選ぶことによって諸々のわずらわしさも気にならないかもしれません。

一般的な保険の見直しというとこちらから行くにしろ向こうに来てもらうにしろ面談は直接会ってするものが多いですが、実は電話での話し合いが可能な会社もあるのだそうです。

流れをたどってみますと、まずはインターネットやフリーダイヤルで電話の時間を予約して、あとは担当者からの連絡を待つだけらしいのです。

通話料すらかからないそうです。

これだと提案に不満があれば即終わりにしてしまうこともできるので、ほかの方法より試しやすいと感じるのではないでしょうか。

相談者を募集の販促で豪華な商品プレゼントを行なっている保険無料相談サービスを見かけます。

多くの方が、とりあえず保険相談の申し込みをしたら商品がもらえると思っていますがそれは間違いです。

一般的には数回の面談後、疑問解消後のアンケート回答などを商品プレゼントの条件に各サービスがしています。

別の注意点として、申し込んだからといって必ずしも面談の予定が決まるわけではありません。

特に、中小規模の相談サービスでは、大手サービスに比べて登録しているFPが少ないため面談の予定がなかなか決まらないことがあります。

3、4年くらい前まで様々な業界で現金キャッシュバックキャンペーンをやっていましたよね。

特に携帯電話業界では額が大きすぎて本体を買うよりも得になるようなことすらありました。

同様に保険無料相談サービスでも商品券プレゼントをしていました。

そういったキャンペーンを見なくなりました。

それもそのはず、総務省や金融庁の指導で高額なキャッシュバックや高額なギフト券がもらえる販促方法を禁止としたからです。

そのため、保険業界では相談者特典の内容をお米や牛肉、タオルなどの商品プレゼントに変更しているサービスもあります。

毎月の出費をどうにか節約したい、というのは差に大小はあるでしょうが皆さんも思っているはずです。

保険料金を見直してもいいかもしれません。

最近、Mなどで耳にする保険無料相談を利用してみるのはどうでしょうか?でも、保険の知識がなくても利用して大丈夫なの?相談に行ったら必ず何かを契約しなきゃいけないみたいで行きにくい。

という気持ちも出てきてしまいますよね。

でも安心してください、知識がなくても加入中の保険の相談をしてもらえます。

その場合は、現在加入中の保険証券などを持っていくとよりどう行った状況かわかりやすくなります。

無料で保険の相談に乗ってくれる会社の中でも、町中にある店舗はもちろん、テレビで見かけるなどして有名なのが「ほけんの窓口」だと思います。

知名度が高く体験者も多い来店型の会社なので、少し調べるだけでも口コミや体験談が山ほど見つかります。

FPさんと初めて面談する際は基本的なところの説明から始まり、不安な点や疑問にも的確に答えをくれるそうなので比較的満足度は高いようなのです。

さらに扱っている商品の数もたくさんあるので、FPさんの提案にも幅が出ることでしょう。

保険の相談方法として来店タイプと訪問タイプとがありますが、後者では担当FPさんをこちらから選べないので、話し合い中のトラブルの話もちらほら見かけることがあります。

例として挙げるなら、強引な勧誘に押し切られて意に沿わない契約をしてしまうなどです。

威圧的な態度をとるなどしてこちらの弱みに付け込むような方法をとるFPさんでは、その後の対応も心配ですのであまりおすすめすることはできません。

できるだけ失敗を避ける方法としては、下準備をして家族などにも面談に参加してもらいましょう。

保険の相談をする際、いろいろな方法が考えられます。

FPさんが来てくれるタイプを選ぶ人もいれば、テレビや雑誌で宣伝している通りに店舗まで行ったことがある人も少なくないのではないでしょうか。

全国展開しているような会社なら駅前や地下街などといった、ほかの用事のついでに寄れるような店舗も多いので、気構えず利用できそうです。

自宅にあげたり、知り合いがいるかもしれないようなお店でお金や生活の話をしたりするのが嫌なら、来店型が合っているかもしれませんね。

保険の無料相談を行っている会社はたくさんありますが、そんな状況で自分の要望ぴったりの会社を探すのは、想像よりずっと簡単ではないと思います。

どこを選ぶか迷ったらランキングを参考にしてみては?順位付けするにもいろいろポイントがあるので、自分に合った会社を選びやすくなるでしょう。

よく名前が挙げられる会社でもFPさんとの相性や信頼関係は妥協できないところなので、上位の会社で複数面談をお願いしてみるなど、うまく利用して比べてみることも大切です。

最近ネット広告など様々なところで目にする、耳にする保険無料相談サービスですが、本当に無料なの?という疑問を持ってしまいます。

なぜ無料でできるのかを調べてみました。

その理由は各保険会社から契約成立時に手数料が主な収益にして成り立っているからです。

つまり、相談サービス会社としては、提案した保険に契約してもらわないと収益が入らないことになります。

そのため、お客様目線で提案・保険内容の説明をしてくれ、「相談に行ったら今より高い保険を勧められそう」といった心配事はほぼ起きませんので安心して利用できますね。

例えば、ショッピングをしていて商品を勧められると断りづらい、断ったら悪いなと感じてしまう人がいます。

そういう人の中には、保険無料相談を行った際に自分の希望ではない新しい保険を勧められ、断りきれず勧められるままに契約してしまう。

その結果、自分に合わない保障内容になっているなど様々なトラブルにつながる可能性があります。

なので、ここでは断り方について書こうと思います。

基本的にはその場で契約手続きをしないで「検討させてください」、「念のため、ほかにも相談したい」のこのどちらかを言えば大丈夫です。

保険は人生において家の次に高い買い物と言われており、本当に相談者目線に立ってくれるFPなら強引に引き止めないはずです。

もし無理に引き止めてくる、強制的な勧誘をしてくるようなら信頼できないFPと言えます。

参考:住宅ローン無料相談のおすすめは?借り換えは?【審査・金利の悩み】