消費者金融の金利高い

金融業者各社の借入れの条件や金利などといったデータはランキングサイトを見れば一目瞭然です。

消費者金融ごとにまとめて掲載しているサイトもありますし、一覧表にして分かりやすく表示しているサイトもあります。

各消費者金融についておすすめポイントなどを記載し紹介しているサイトもあるので消費者金融に疎い人でも、簡単に比較することができます。

しかも公式サイトへのリンクを貼って誘導してくれるサイトが普通なのでランキングサイトを見てすぐに手続きをすることができます。

又、一覧サイトの中には、申し込み時の記入方法や審査をクリアするためのコツなども紹介してくれていたりするので、是非積極的にご利用ください。

消費者金融というと借りる時はすぐ貸してくれるけど返済が遅れると怖い人がやってくるというイメージを持つ人は多いと思います。

昔は、法律無視の強引な取り立ても多く社会問題にもなっていましたが近年は法律が改善されたことにより、そのようなことはありません。

金利は銀行のカードローンと比べると高めですが提携ATMの数は銀行よりも多いです。

そのため、借入れや返済もコンビニ等で簡単に手続きができますしATM手数料が無料だったりするので、銀行カードローンよりも使い勝手が便利です。

消費者金融にはレディースローンと呼ばれるものもあり、女性でも安心して相談や申し込みをすることができます。

普通、消費者金融のキャッシングの金利というと銀行カードローンよりも高金利と言われています。

消費者金融のキャッシングの金利は3.0%から18.0%程度なのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)ですから、明らかに金利が低いことがわかります。

消費者金融の最大貸出限度額は500から800万円となっていることが多いのですが銀行カードローンの最大貸出限度額は一部の銀行を除いて800から1
200万円と高額です。

しかしその一方で、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のキャッシングは事業用資金として使用することを認めている場合が多いです。

又、銀行カードローンは同行に口座を開設するなどの条件が付加されたりしますが、消費者金融の場合は預金機能がありませんので、面倒な条件もありません。

消費者金融のキャッシング審査は相対的に通りやすいとされているので審査に落ちる人には、必ずそれなりの理由や原因があると思います。

まず、過去に自己破産をした人や返済が滞った事がある人はブラックリストと言って、金融業界では要注意人物としてマークされます。

消費者金融には貸金業法に基づいた総量規制があり年収の3分の1を超える借り入れはできない規則に抵触している可能性もあります。

要は、年収300万円の人は100万円が限度額となり、すでに50万円の借金がある場合は新規では50万円が限度額ということになるのです。

又、複数の金融業者から融資を受けている人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも審査に通るのは難しいと言えるでしょう。

近頃の消費者金融というと好感度の高いタレントをCMに起用するなどクリーンなイメージがあると思いますがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる暗い業種でした。

当時はバブル経済によって金銭感覚が狂ってしまった人が増加し簡単にお金を貸してくれるサラ金で借金を繰り返すという人が続出しました。

借りたお金はもちろん利息をつけてきちんと返さなければならないのですが気軽に借金する人ほどお金に対する感覚がマヒしてしまっているので当然返済できるわけがありません。

もちろん、サラ金や街金はきっちり返済してもらわないことには損失になってしまいますので当時はかなり暴力的な手段で取り立てを行っていたようです。

現在は乱暴な取り立ては法律で禁止されていますので以前のように怖い人が自宅まで押しかけてきて借金を取り立てるようなことはありません。

銀行の他に消費者金融やクレジットカードでのキャッシングがあります。

近年は銀行でもカードローンを取り扱うようになったので短時間で融資を受けられるようになりました。

利益を上げています。

消費者金融の金利と銀行金利を比較してみるととはいえ、中には金利が高い銀行カードローンもありますので必ずしも消費者金融のほうが金利が高いとは言い切れません。

わりと簡単に借入可能と言われているのが消費者金融ですがその審査能力は突出しています。

審査のハードルが消費者金融より高いイメージがある銀行カードローンですが、実は審査しているのは消費者金融業者ということを知っていましたか?貸金業法が改正されたことによって大口融資ができなくなった消費者金融業者のほとんどは銀行の保証会社となることで銀行グループの傘下にはいりました。

一般的なイメージでは消費者金融と比べて銀行の方が全てにおいて長けていると思うかもしれませんが審査に関しては圧倒的に消費者金融の方が数段上手(うわて)です。

銀行為替や預金などの業務の一部として金融も行っているにすぎないため融資を本業とする消費者金融の方が、与信審査の専門性が高いからです。

消費者金融がおすすめ

住宅ローンには保証人や担保が必要ですがカードローンはそれらが不要な無担保ローンです。

住宅ローンは金額も多く長期に渡る返済ですから返済期間中に問題が発生することのないよう、念入りに審査する必要があります。

その一方で、カードローンやクレジットカードなどのローンというのは住宅ローンほど大きな融資にはなりませんし、返済期間も比較的短期です。

ですから、個人の信用だけで借り入れることができますし保証人や担保を設定する必要がないのです。

何より、保証人を立てて審査をすると時間がかかってしまうためカードローンのメリットであるスピーディーな審査が失われてしまいます。

消費者金融と言うとサラ金や街金が連想され悪しき者というイメージを持つ人が多いのが現状です。

バブル崩壊期してまもなく、怖い人の取り立てや時間を無視して自宅へ押しかけるような乱暴な行為が横行していました。

現在は、法律が改正され銀行の傘下に入る企業が多くなりましたのでブラック企業のイメージは改善されつつあります。

最近では、コマーシャルに人気タレントを採用したり借金を匂わせない内容でイメージアップを狙っています。

一方でCMの内容がイメージ戦略に偏りすぎてしまって意味不明とか何のCMだか分からないという不満の声もあがっています。

近頃の消費者金融というと好感度の高いタレントをCMに起用するなどクリーンなイメージがあると思いますがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる暗い業種でした。

当時はバブル経済によって金銭感覚が狂ってしまった人が増加し簡単にお金を貸してくれるサラ金や街金で借金を繰り返していました。

借りたお金はもちろん利息をつけてきちんと返さなければならないのですが簡単に借金する人ほど借金を軽く考えているので返済能力は到底あるとは思えません。

当然、貸した側のサラ金や街金は返済してもらわないことには損益となりますから一昔前のドラマでみるようなかなり暴力的な手段での取り立てが実際に行われていました。

今は乱暴な取り立ては法律違反となりますので以前のように自宅まで押しかけてきて玄関先で大声で怒鳴るようなことはなくなりました。

銀行以外だと消費者金融やクレジットカード等があります。

以前は銀行からお金を借りるには複雑な手続きが必要となるため融資までに時間を要しましたが最近では銀行でもカードローンが取り扱われるようになったので、比較的短時間で借りられるようになりました。

金融機関はお金を融資し、その利子でもって売上を確保して企業としての利益を上げています。

一般的には消費者金融の金利の方が高いと言われています。

とはいえ、中には金利が高い銀行カードローンもありますので必ずしも消費者金融のほうが金利が高いとは言い切れません。

複数の消費者金融から借金をしている人のことを多重債務者と言ってどこからも融資をしてもらえない可能性があります。

急な飲み会や探してた欲しいものが見つかったなど予定外の出費で、生活費が全然足りない…ということがあると思います。

そんな時、カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人も不要で即日借り入れることができます。

一度カードローンを利用すると簡単に現金を手にすることができるので預金を引き出す感覚で、次々に借りてしまう人も多いようです。

すると、あっというまに限度額に達してしまうため他のカードローンと掛け持ちする羽目になりますから注意して下さい。

カードローンとは審査によって貸出限度枠が設定されその範囲の中であれば何回でも借り入れや返済を行うことができるというものです。

決まった日時に借入残高の利息が計算されて毎月の返済日に必ず引き落としされる約定返済という返済方法が基本となります。

引き落される金額は借入した残高によってランク分けされていてその金額の範囲内で利息分を差し引いた後の金額が元本の返済となります。

そのため、利息の計算日までになるべく元本を減らすのが利子を極力安くする一番有効な方法なのです。

ローンの返済には、約定返済以外にも繰り上げ返済という方法があり多くの収入を得たときなどにある程度まとまった額を返済することで効率良く元本を減らすことができます。

お金を融通してくれる金融機関はたくさんありますが大きく分類すると銀行とノンバンクに分けられます。

一般的にノンバンクというのは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社、信販会社、消費者金融などがこれにあたります。

クレジットカード会社や信販会社は商品代金の立て替え業務がメインで利用限度枠内でキャッシングのサービスも提供しています。

一方、消費者金融とは貸金業専門の金融機関となり限度枠内ならば何度でも借り入れと返済が可能なことが特徴です。

消費者金融と銀行の違いは業務内容が異なるという点です。

銀行は金融以外に為替や証券取引など幅広くサービスを提供しています。