消費者金融は金利高い

カードローンの仕組みを紹介します。

カードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲内であれば何度でも借入や返済が可能と言うキャッシングローンです。

毎月の決まった日時に残高に対して利息が計算され毎月の返済日に引き落としをされる約定返済が基本の返済方法です。

引き落される金額は残高によってランク分けされることになりその金額の範囲内で利息を差し引いた後の金額が元本の返済に充てられます。

ですから、利息の計算日までにできる限り元本を減らしておくことが利子を減らす有効な方法となります。

ローンの返済には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり多くの収入を得たときなどにある程度まとまった額を返済することで効率良く元本を減らすことができます。

消費者金融と言うとサラ金や街金が連想されなんとなく恐い、ヤバイというイメージを持つ人が多いです。

バブル崩壊期は暴力的な取り立てや時間などお構いなしに自宅へ押しかけ恫喝をしたり乱暴な取り立て行為が横行していました。

近年、ようやく法律が改正され銀行傘下に入る企業が増えたことによりブラック企業のイメージは払しょくされつつあります。

最近では、テレビ・ラジオCMに人気タレントを起用したり借金を感じさせない爽やかな内容でイメージアップに成功しています。

しかし、内容がイメージ戦略に偏りすぎてしまっているため何のCMだか分からないという声もあがっています。

現在の消費者金融には怖いイメージはないと思いますが、バブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる、いわゆるウシジマくんのような世界でした。

当時はバブル絶頂で金銭感覚が狂ってした人たちが多く簡単にお金を貸してくれるサラ金で借金を繰り返すという人が続出しました。

借りたお金はもちろん利息をつけてきちんと返さなければならないのですが簡単に借金する人ほどお金を甘く見ていますから返済できるわけがありません。

一方で、サラ金や街金は返済してもらわないと損益が出てしまいますので反社会的集団的な人たちと思われるかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

今は法律が整備されたことにより乱暴な取り立ては禁止されていますので昔のように電話で恫喝したり自宅まで押しかけてきたり・・ということはなくなりました。

お金を融資してもらう方法としてカードローンがありますが銀行が提供しているものと消費者金融が提供しているものの2種類があります。

銀行カードローンというと低金利で、貸出限度額が大きいのですが審査が厳しいので、属性が高い人におすすめのカードローンです。

一方、消費者金融のキャッシングはというと、金利が高めで、最大貸出限度額も低く、個人の年収や借入れ状況によっても限度額が大きく変化します。

そのため、消費者金融のキャッシングの方が銀行カードローンよりもデメリットが多いように思えますが、銀行カードローンと比べると消費者金融のキャッシングの方が比較的審査に通りやすいので属性に自信が無い方にもおすすめできます。

消費者金融のキャッシングなら審査結果の通知も早いですし、即日融資も可能なので今すぐお金が必要!というときに利用されることをおすすめします。

近頃の消費者金融といえば法律の改正やCMでのイメージアップ効果によってブラック企業という悪いイメージは拭えているのではないでしょうか。

最近では就職先としての人気も上昇中なようなので消費者金融業界の知られざる業務内容や労働条件を詳しく解説していきましょう。

業務内容ですが債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済遅延者には電話やメールで督促のお知らせを通知します。

就職に際して必ず取得しておいた方が良いという資格ではありませんが店長(責任者)に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得しなければなりません。

気になる年収ですが大卒の初任給で20から30万円程度でノルマ達成などの成果を上げるとボーナスという形で評価されます。

人気が高い金融機関の評価ポイントは金利が安くて、スピード審査、手続きが簡単などといった理由があります。

しかしながら、消費者金融は総量規制があるのでサービス内容で個性が出しにくく借入限度額に関しても、借り手によって左右されるので大きな要因にはなり得ないと思われます。

人気ランキング上位のデータ比較してみてもいずれの消費者金融も審査時間が最短30分であったり、金利は最大18.0%程度なので大きな違いはありません。

条件云々よりも、スムーズに手続きが完了するかどうかや自動契約機があること、提携ATMが多いことがランキング上位の条件のようです。

又、テレビやラジオで流れるCMで起用されるタレントさんやCM全体を通して伝わってくるイメージも大きく影響しています。

複数の消費者金融から借金をしている人のことを多重債務者と言ってどこからも貸してもらえなくなる可能性があります。

結婚式が何件も続いてしまったなど予定外の出費が重なって、次の給料日まで水だけで過ごさなくていけない…ということがあると思います。

そんな時、カードローンなら簡単に申し込みができ担保や保証人も必要なく、スピーディーに借り入れることができます。

最初は不安に思っていても、一度カードローンを利用すると簡単に現金を入手することができるので預金を引き出す感覚で、どんどんお金を借りてしまう人もたくさんいます。

そんな調子で利用していると、あっというまに限度額に達してしまうため複数のカードローンを掛け持ちすることになりかねませんのでくれぐれも注意して下さい。

消費者金融の返済プラン

普通、消費者金融のキャッシングの金利というと銀行カードローンよりも高金利と言われています。

消費者金融のキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%が一般的ですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので金利の低さは一目瞭然です。

最大貸出限度額は消費者金融の場合は500から800万円となっていることが多いですが銀行カードローンは800から1
200万円と高額です。

(一部の銀行を除く)しかしその一方で、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のキャッシングは事業用資金に使用できる場合が多いです。

又、銀行カードローンの場合は口座を開設するなどの条件を付けられることがありますが、消費者金融の場合は預金機能がありませんので、面倒な条件もありません。

簡単に借入ができるのがメリットと言われている消費者金融ですが審査能力は伊達ではありません。

審査のハードルが消費者金融より高いイメージがある銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者だってご存知でしたか?貸金業法が改正されたことにより大口融資ができなくなってしまった消費者金融業者の大半は銀行の金融業務に関する保証会社となることで銀行グループの関連企業に参入しました。

一般的なイメージでは消費者金融と比べて銀行の方が全てにおいて長けていると思うかもしれませんが審査の能力やシステムを比較した場合消費者金融の方が各段に上手(うわて)です。

銀行為替や預金などの業務の一部として金融も行っているにすぎないため融資を本業としている消費者金融の方が、与信審査の専門性が圧倒的に高いのです。

消費者金融は銀行に比べたら格段にお金が借りやすく数年前までは、簡単な手続きでローンを組むことができました。

その頃は、今のように法整備が確立していなかったため規定の金利よりも高金利でローンを組んでしまったという人がたくさんいました。

これこそまさに過払い金というもので多く支払わされた金利を意味します。

過払い金は返還してもらう権利があるのですが、過払い金が発覚した場合の払い戻し請求には期限があります。

完済日から10年経過すると時効となり請求権を失効してしまいますので心当たりがある方はまずは法律相談事務所に相談することが大切です。

消費者金融は貸金業と言う法律で規制されていますから銀行を規制する銀行法とはまた別の法律の適用となります。

貸金業法と銀行法の違いは何かというと貸金業法には総量規制という融資金額のリミットが設けられていることです。

総量規制というのは、個人の年収の1/3を超えて融資はできないというものでこの規制により、利用者の借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

従って、収入が無い専業主婦などの人たちは消費者金融に借り入れを希望しても仮審査の段階で弾かれてしまいます。

ちなみに、銀行は銀行法で規制されているため総量規制はありません。

現在の消費者金融はクリーンなイメージですがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる暗い業種でした。

その頃はバブル経済で金銭感覚がマヒした人たちが多く簡単にお金を貸してくれるサラ金や街金で借金を繰り返していました。

借りたお金は当然利息をつけて返済しなければいけないのですが気軽に借金する人ほど目先の事しか考えていませんので返済できるわけがありません。

一方で、貸した側のサラ金や街金は返済してもらわないと損益が出ますからウシジマくんさながらかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

現在は当時のような乱暴な取り立ては法律で禁じられていますので昔のように玄関先で大声で怒鳴り取り立てるようなことはありません。

消費者金融のキャッシングの審査は比較的通りやすいので審査に落ちる人には、必ずそれなりの理由や原因があると思います。

過去に自己破産や返済が遅延させた事がある人はブラックリストに入っている可能性があります。

また、貸金業法に基づいた総量規制という年収の三分の一を超える借り入れは不可という規則に引っかかっている可能性もあります。

要は、年収300万円の場合、100万円が限度額ということになりますが、その人がすでに50万円の借金がある場合は新規カードローンでは50万円が限度額ということです。

又、複数の金融機関から借入がある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも審査に通るのは難しいと言えるでしょう。

消費者金融のキャッシングと銀行カードローンにはそれぞれ、メリットデメリットがありますので比較してみましょう。

消費者金融のメリットといえばやはり審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較して金利が高めに設定されていたり、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法という法律によって規制されているのですが貸金業法には総量規制と呼ばれる特別な規制がかかっています。

これは、借り過ぎに歯止めをかけるために制定された規制で借り手の年収の1/3を超えてはいけないというものです。

ただし、住宅ローンのような担保があるローンは除外されカードローンやキャッシングのような無担保ローンにだけ適用される規制です。