強い味方がカードローンです!

いくつもの消費者金融から借金をしている人は多重債務者と言ってどこからも貸してもらえなくなる可能性があります。

飲み会やセミナーでお金を使いすぎてしまったなど予定外の出費が重なると、次の給料日まで生活費が足りないということがあると思います。

カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保・保証人不要で手軽にお金を借り入れることができます。

最初は不安に思っていても、一度カードローンを利用すると簡単に現金を入手することができるので預金を引き出す感覚で、際限なく借りてしまう人もいるようです。

そんな利用法だと、あっというまに限度額に達してしまうため他の金融業者に掛け持ちすることになりますから注意して下さい。

カードローンは審査を経て個人の貸出限度枠が決められその範囲の中で何度でも借り入れや返済を行うことができるキャッシングローンです。

決められた日時の借入残高に対して利子が計算されて毎月の返済日に必ず引き落としされる約定返済という返済方法が基本となります。

返済額は借入残高によってランク分けされて決まっておりその金額内で利子を差し引いた後の金額が元本の返済に充てられるということです。

ですから、利息の計算日までに極力元本を減らしておくこのが利子を減らす有効な方法となります。

ローンの返済には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり繰り上げ返済はまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができますので積極的に利用しましょう。

昨今の消費者金融業界のイメージはというと法律の改正やCMでのイメージアップ効果によって年々、ブラック企業というイメージは払拭されつつあります。

就職先としての人気も上々のようなので消費者金融業界の業務内容や労働条件を解説します。

主な業務内容は債務者の個人データをパソコンに入力・管理し、返済遅延者に電話やメールで督促知らせを出すという業務があります。

就職に際して必ず取得しておいた方が良いという資格ではありませんが店長(責任者)に昇格するには貸金業務取扱主任者の資格を取得しなければなりません。

年収についてですが大卒の初任給で20から30万円程度でとされておりノルマ達成などといった成果を上げることでボーナスが期待できます。

消費者金融のメリットは銀行に比べてお金が借りやすく数年前までは、簡単な手続きでローンを組むことができました。

その当時は、現在のように法整備が整っていなかったため規定よりも高金利で借り入れていた人がたくさんいました。

これが、いわゆる過払い金というもので多く払い過ぎた金利のことを意味します。

多く支払わされた過払い金は返還してもらう権利がありますが、過払い金の払い戻し請求には期限があります。

完済した日から10年経過してしまうと請求権を失ってしまいますので心当たりがある方はまずは法律相談事務所に相談することが大切です。

消費者金融というものは借りる時はとても簡単だけれど返済が遅れると毎日取り立てにやってくるというイメージを持つ人は多いと思います。

昭和の時代は、強引な取り立ても多かったのですが法律が改善されたことによってそのような悪質な取り立てが行われることはありません。

金利は銀行カードローンと比較すると高めですが提携ATMの数は銀行に勝っています。

借入や返済もコンビニで簡単に行える上、ATM手数料が無料の場合が多いので銀行カードローンよりも便利と言えます。

レディースローンを用意している消費者金融も多いので女性でも安心して借りやすいと評判です。

近頃の消費者金融はCMなどを見てもとてもクリーンなイメージがありますがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる暗い業種でした。

当時はバブル経済によって金銭感覚が狂ってしまった人が増加し簡単にお金を貸してくれるサラ金で借金を繰り返すという人が続出しました。

借り入れたお金には利息をつけて返済する義務があるのですが簡単に借金する人ほど借金を軽く考えているので返済能力は到底あるとは思えません。

一方で、サラ金や街金は返済してもらわないと損益が出てしまいますので反社会的集団的な人たちと思われるかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

現在は怖い人たちによる乱暴な取り立て行為は法律で禁止されていますので以前のように自宅まで押しかけてきて玄関先で大声で怒鳴るようなことはなくなりました。

消費者金融は貸金業という法律によって規制されているため銀行を規制する銀行法とは異なる法律の適用を受けます。

貸金業法と銀行法の違いは何かというと貸金業法には融資金額の制限がある総量規制があることです。

総量規制は年収の1/3を超える融資を禁止するものでこの規制により、利用者の借り過ぎに歯止めをかける効果を目的としています。

従って、収入がゼロの専業主婦は消費者金融に借り入れ申請をしても仮審査も通りません。

一方、銀行は銀行法によって規制されていますから総量規制がありません。

専業主婦の方でも利用することができます。

消費者金融のキャッシングの審査は割と通りやすいため審査に落ちる人

まず、過去に自己破産をしたことがある人や返済が滞った経験がある人はブラックリストに入ってしまっている可能性があります。

また、貸金業法に基づいた総量規制という年収の3分の1を超える借り入れはできない規則に抵触している可能性もあります。

要は、年収300万円の場合、100万円が限度額ということになりますが、その人がすでに他社より50万円の借入がある場合、新規カードローンでは50万円が限度額になるということです。

又、複数から借り入れがある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも敬遠されます。

普通、消費者金融のキャッシングの金利というと銀行カードローンよりも高いと言われています。

消費者金融のキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%を設定していることが多いのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので、消費者金融のキャッシングと比較すると明らかに低金利なことが分かります。

最大貸出限度額は消費者金融の場合は500から800万円という業者が多いですが銀行カードローンは一部の銀行を除いて800から1
200万円と限度額も高額です。

ちなみに、銀行カードローンは事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のキャッシングの場合は事業用資金OKとされていることが多いです。

又、銀行カードローンの場合は口座を開設するなどの条件を付けられることがありますが、消費者金融の場合は預金機能がないので、口座開設などといった条件が付随することもありません。

金融機関で高い人気を獲得する要素としては金利が安い、審査が早い、手続きが簡単、手数料が安いなどがあげられます。

しかし、消費者金融の場合、総量規制が影響しているのでサービス内容で個性が出しにくく限度額に関しても借り手の経済力が左右するため、人気の要因ではないと思われます。

人気ランキング上位を見る限りどの消費者金融も審査時間は最短30分、融資されるまで最短60分、最大金利は18.0%程度なので大きな差はありません。

それよりも、スムーズに手続きが完了するかということや提携ATMが多いことのほうが評価のポイントになっているようです。

そのほかには、CMで起用されるタレントさんやCMから伝わる企業イメージというのも大きく影響しています。

現在の消費者金融はクリーンなイメージですがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる、いわゆるウシジマくんのような世界でした。

当時はバブル経済によって金銭感覚が狂ってしまった人が増加し簡単にお金を貸してくれるサラ金で借金を繰り返すという人が続出しました。

借りたお金は利息をつけて返さなければならないのですが簡単に借金する人ほど借金を軽く考えているので返済能力は到底あるとは思えません。

一方で、サラ金や街金は返済してもらわないと損益が出てしまいますので反社会的集団的な人たちと思われるかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

現在は怖い人たちによる乱暴な取り立て行為は法律で禁止されていますので以前のように自宅まで押しかけてきて玄関先で大声で怒鳴るようなことはなくなりました。

消費者金融のキャッシングのメリットはなんといっても簡単に借り入れることができ好きな時に返済できるので手軽に利用することができることですよね。

カードローンは非常に便利なものなのではありますが住宅ローンやマイカーローンなどといった大きなローンを組めなくなることが心配されます。

特に住宅ローンは長期に渡って数千万円という大金を返済していくことになりますので借り入れる人は金銭的に安定していることが必須となります。

ですから、カードローンを使用し続けているという方は常に金欠状態と判断され事前審査すら通らない確率が大きいのです。

完済していてもローンカードを有しているだけで審査が不利になってしまいますので住宅ローンを組むことになった場合、カードローンは解約しておいたほうが無難です。

消費者金融というのは貸金業という法律で規制されているので銀行を規制している銀行法とは違う法律の適用を受けています。

貸金業法と銀行法の一番大きな違いは貸金業法には総量規制と呼ばれる融資金額のリミットがあることです。

総量規制というのは、個人の年収の1/3を超えて融資はできないというもので総量規制によって、借り過ぎを抑止する効果を目的としています。

従って、収入が無い専業主婦などの人たちは消費者金融を利用しようと思っても仮審査の時点で却下されてしまいます。

ちなみに、銀行は銀行法で規制されているため総量規制なしなので、専業主婦でも利用することができます。

お金を貸し付けてくれる金融機関はいろいろありますが主に銀行とノンバンクに分けることができます一般的にノンバンクというのは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社、信販会社、消費者金融などがこれにあたります。

クレジットカード会社や信販会社は商品代金の立て替え業務がメインで利用限度枠内であればキャッシングサービスも受けることができます。

これに対して消費者金融というのは貸金業専門となりますので利用限度枠内であれば何度でも借り入れと返済が可能となります。

銀行と消費者金融の違いは何かというと、業務内容になります。

銀行は金融以外に為替や証券取引、保険など広範囲なことが挙げられます。